​施術実例

営業で結果を出し、大切な家族の生活を守れるようなった30代3児のパパ Kさんのお話。

営業・セールスをされているあなたは、

 

「これからのビジネス業界で生き抜いていきたい」

「お客様との商談やセールスに関しての苦痛を取り除きたい」

「仕事で結果を出して、愛する家族を守れる自分でありたい」

と思われていませんか?

 

もし、ここで、

「そうなれる方法があるんです」

とお聞きになったらどう感じますか?

「知りたい」

「今の自分に必要そうだ」

と思っていないでしょうか?

もしそうであれば、その方法をお伝えさせていただいてもよろしいですか?

コーヒーを奪います

先日、ある30代3児のパパ、保険・金融の営業セールスのお仕事をされているKさんとお会いした時に、次の報告をしていただけました。

(Kさん)

ハルさん、実は、2021年の2月に向き合っていただけてから営業・セールスの契約件数が伸び続けているんです。今年度に入ってからは去年の契約数を上回れる見込みで順調に進んでいます!

 

あの時期に「自分が営業マンとしてどうお客様と接していけば良いのか」がわかるようになったからです。

本当にありがとうございます!

Kさんからこの報告をいただいて、ぼく自身も自信を高めることができましたし、すごく嬉しかったです。

Kさんは2021年の2月の時点で、営業セールスがうまくいかなくてすごく悩まれてたんです。

大阪の天王寺駅近くのカフェで向き合わせていただいてました。

植物とコーヒー

Kさんは保険・金融のお仕事をされて一年目。

2月は2020年度の最終月。

最低でも50件は契約をクリアしなければいけない状態でした。

 

というのも、3人目のお子さんも生まれるところで、大切な家族を守るためにもこれからさらに仕事で結果を出しながら、この営業セールス、ビジネス業界で生き抜いていく必要があるからです。 

 

なので、目標にしていた新人賞レースも取りたい。

でも、プレッシャーがすごくて、Kさん自身もすごく不安な表情を浮かべておられました。

その時、KさんのスマホにLINEメッセージが1通入りました。

 

 

「ハルさん、すみません!1通だけメッセージ返信させていただいても良いですか?」

とKさんはそう言ってメッセージを返信していました。

 

お客様にアポイントをとって営業セールスを進めていきたいけど、次々と日程の変更やキャンセルが入ってくる。

4、5人から立て続けにザザーッ!とキャンセル・・・。

 

日程の再変更をしようと連絡してもうまくいかない。

提案しても断られるのです。

そんな状況なので、Kさんは、

 

「なんでだ!」

「何でキャンセルになるんだ!」

「なんで人生で大切なことなのにお客さんは先送りにするんだ!」

 

というふうに、かなり焦っていて、そこからお客様にKさんの雰囲気・空気が伝わっていたのです。

 

 

なぜ営業セールスがうまくいかないのか?

なぜ次々とアポイントが決まっていかないのか?

 

これからどうやって状況を好転させていくか?

良い状況にさせていくにはどうしたらいいか?

 

ここクリアするために向き合いをさせていただきました。

 

 

 

ここで、ある3つのことを切り替えさせていただいたところ、Kさんはこの後、アポイントがどんどん決まるようになって1ヶ月以内に3連続でご契約を獲得し、新人賞レースにも入賞することができました。

 

 

 

ぼくがさせていただいた3つのことというのは、

 

・物事の捉え方

・話し方

・行動

 

の3つを切り替えるサポートです。

例えば、「物事の捉え方」について紹介させてください。

Kさんが望む未来

2月の時点でKさんにこの質問をしました。

 

「Kさんはどんな営業マンになりたいですか?」

 

と。

すると、Kさんは、

「お客様が喜ぶことをできる自分、お客様の人生のゴールの達成に貢献できる自分でありたいです」

とおっしゃったんです。

 

 

なので、ぼくはKさんに続いて次の質問をさせていただきました。

 

「Kさんがそういうふうにお客様のゴール達成に貢献したいのは何か理由があるんですか?」

 

と。

 

 

すると、Kさんは、

「ぼくが大学生の時、親が海外に留学させてくれたんです。その時の経験から、人と向き合う楽しさを知ったりとか、新しいことにチャレンジすることで人生は前に進みやすくなるっていうことがわかったんです。ぼくは、自分の子供にもチャレンジできる環境を作ってあげたいですし、世の中のパパさんママさんも子供のチャレンジを応援したいと思っていると思うんですね? でも実際のところ人生設計をされてなくて、お子さんのチャレンジする予算も確保できなくなってしまうこともあって・・・チャレンジできる家族を増やしたいからなんです」

そうおっしゃったんです。

ぼくはこの話にとても感銘を受けました。

 

「なるほど!Kさんはお客様に貢献できる自分でありたいんですね!」

と聞いたところ、

 

 

「そうです。お客様の思いを大事にしながらお客様のペースに合わせて一緒に前に進んでいける自分でありたいんです」

「先ほどお客様に返信していたLINEのメッセージは、そういうご自分でメッセージを送っていましたか?」

 

 

「あ、、、焦りと不安で自分の都合ばかりに、意識が向いていました」

 

 

「今回のアポイントのキャンセルやスケジュール調整がうまくいかないのはそれを気づかせてくれるチャンスなのかもしれませんね?」

このことからKさんは、物事の捉え方を変え、お客さんに送るメッセージ話し方を変え、行動を変えはじめたのです。

Kさんが掴んだ未来

Kさんは、

・物事の捉え方

・話し方

・行動

をきりかえていき、当日中にアポイントも決まるようになって契約も決まるようになっていったのです。

 

それからも向き合いをさせていただいて、一緒に前に進ませていただいているんですが、2021年度はもう8月末の時点で契約件数は30件を突破。去年のペースを超える契約実績を獲得されているのです。

ぼくは気になったので、ここで次の質問をKさんにさせていただきました。

 

「他の営業マンの方はどういう状況ですか?順調ですか?」

「いえ、実は、他の営業マンの人たちは年度末の2月をピークに下がり続けているんです」

Kさんは、横柄やその高慢になることもなく、周囲に遅れをとることなく、ググッと右肩上がりで前に進まれています。

2316205_m.jpg

また新人賞レースをクリアしたこともあり、憧れの車であるパールホワイトのBMWを購入。

 

「この業界でやっていける」と、自信を持たれた。

お客様と向き合いやセールスに関しての苦痛がなくなり、心豊かに向き合いができるになった。

仕事で結果を出して、愛する家族を守れる自分でいられるようになっている。

 

 

Kさんは、そんな「なりたい自分」に向かって進まれています。

その報告をいただけてすごく嬉しかったです。

 

できすぎた話だと思われるかもしれませんが、このKさんを紹介させていただくこともできます。

その場合は、ぼくからKさんにお願いします。

 

 

このKさんのように営業・セールスのお仕事をされてる方で、状況を好転させていきたいと思われている方は多いと思います。

あなたももしかするとそうかもしれません。

 

生意気申し上げるんですが、ぼくは少しでもお力になれたらと思っております!

ぜひ!サポートをさせていただけたら嬉しいです!

Stylist : 水樹ハル

1.png

公務員時代に、実母がうつになり自死。また、同時期に精神保健福祉の現場で4年間、うつや精神疾患などによりご自身や周囲の人を傷つけるおそれのある方を精神科病院に移送する業務や、そのご家族からの相談対応に600件従事。
これらの経験から「生きるに値する社会」の実現のため、心理学や脳科学を学びカウンセリング・コーチングを実践し11年目。2021年に心の美容室「Mind Beauty Salon」をスタート。

ご質問フォーム

当店、心の美容室「マインドビューティーサロン」では、正式にオーダーをいただく前に30分のお試し「無料カウンセリング」をさせていただいておりますが、この前に、


「ちょっとここが気になるな・・・」
「こんなことは相談しても良いの・・・?」

などの疑問や不安があれば遠慮なく下記の「ご質問フォーム」に送信ください。
(いただいた内容は必ず秘密厳守いたします)

よくあるご質問

Q1:最初の無料カウンセリングは本当に無料ですか?ちなみにどんな内容ですか?

A1:お客様が今抱えておられるお悩みを誠心誠意お聞きし、今後の具体的な方針やオーダーメイドメニューを組み立てさせていただきます。

Q2:施術は対面・テレビ電話(通話)の両方を選べますか?

A2:ご希望に応じて、出張での施術もさせていただきます。小さなお子様がいらっしゃって外出が難しいというお客様からはテレビ電話(通話)が好評です。無料カウンセリングにご希望をお聞かせくださいませ。