【SEMESTER3-5】なぜ、人のネガティブ感情はとまりにくいのか?【メンタースキル①メンタリング】

更新日:2021年7月29日

▼動画で受講する

今回の課題を提出する







▼テキストで受講する

教員や教育者、カウンセラーやコーチングなどの「人と向き合う仕事」をしていくと、


「やりたいことがわかりません」

「やってみたいことはあるけど自分には無理」


というように悩んでいたり、自己否定をし続けている人と向き合うことにもなります。



あなたがこういうふうに相談されたらどんな気持ちになりますか?





「どういうふうに向き合っていけばいいんだろう?」

「間違った対応をして追い込んでしまわないかな・・・?」


と不安な気持ちが湧いてくるかもしれません。






ここで1つ質問させてください。


なぜ、このように悩む人のネガティブ感情はとまりにくいのでしょうか?





この答えは、結論から言うと脳は「ネガティブ」を認識している時は、「ネガティブ」なことを認識しやすいからなんです。


あと、人は、ポジティブな出来事や情報よりも、ネガティブな出来事や情報のほうに注意を向けやすい。また、それが記憶にも残りやすいという「ネガティブバイアス」っていうものもあるからなんですね。



こういう時は、


「なんで自分のことなのにちゃんとわからないんだ」

「なんであの人は嫌なことばかりしてくるんだ」

「なんであの人はわかってくれないんだ」


というように、WHY(なぜ)思考でぐるぐるぐるぐると悩んでいることは少なくありません。



こうなると、客観的に今の自分の状態を認識することが難しく、自己否定をし続けてしまったり、悩みの原因や解決策が見出しにくいんです。






そういう自己否定をしてしまっているが、達成したいゴールがあって、前に進みたい人と向き合うためにも、あなたは


「対話のスキルを身に付けたい!」

「自信を持ちたい!」


と思っているのではないでしょうか?





クライアントが上の図のように、


「やりたいことがわからない」

「やってみたいことはあるけど自分には無理」


という状態になっている場合、、、


大事なのは、まず不安な気持ちや焦り、怖さなどのネガティブ感情にとらわれている状態から抜け出してもらうことが重要ですよね。



そのためには、どう関わっていけば良いのか??





そこで役に立つのが「メンタリング」というメンタースキルです。



こういうと、


「メンタリング?聞いたことないなぁ…」

「カウンセリングやコーチングとどう違うの?」


という質問をいただくことが多いです。



ちなみに、コーチングはメンタースキルのうちの1つです。




そんなクライアントの人生に向き合うメンターに必要なメンタースキルの1つ目!


今回は、クライアントを苦悩から抜け出すためのテクニックである「メンタリング」についてシェアしていきたいと思います。


このスキルを身につけて、「大切なひとやクライアントと向き合える自分でありたい」と思うあなたは、ぜひお付き合いください。





「メンタリング」は、フラットな対話の形式をとります。




「そういう場合はこうしたらいいよ」

「こうしなきゃダメだよ」


というアドバイスや指示ではなく、




対話をしながら、クライアントが自発的に


「悩みの原因はこれなのか!」


気づきを得ることをサポートするものになります。




具体的な話をした方がわかりやすいと思うので、例えば、「やりたい事が分からない」というAさんがいるとしましょう。


Aさんは、


「なんで自分のことなのにわからないんだろう?」

「なんで自分は行動できないんだろう?」


と主観でグルグルと悩んでいます。




このような苦悩の状態から脱出してもらえるように対話をしていきましょう!


自発的に悩みの原因に気づいて冷静・客観的に自分を見られる状態になってもらうことがメンタリングの目的です。







▼対話3つのコツ


①「なんで」と聞かない、ジャッジしない

②「いつ、何があったのか」を聞く

③出来事があった時の感情を聞く






「なんで」はNG!


つい言いたくなってしまいますが、答える側としては、


「なんでって言われてもなぁ・・・」


というように具体的な話が浮かびにくいからです。




鬱や病んでいる人の特徴として「反芻思考」というものがあります。


これは頭の中に「なんで?」というワードが飛び交っています。


話し相手をそういう状態にすることは避けていきましょう。




なので、


「学生の頃に好きだったことで一番記憶に残っていることは何だった?」

「自分には無理だと思うのは何か理由があるの?」


というように、「何が」で質問していきましょう。


合わせて、「その時、どんな気持ちだった?」と感情について質問すると、話が具体的になりやすいです。





この3つのコツをおさえていると、クライアントと向き合いやすくなりますし、会話中に追い込む可能性も低くなります。


これについても、前回の傾聴と同じく日常会話から取り入れてみてくださいね。




基本的に人は「価値観」に沿って話したり行動します。


価値観に「良いor悪い」とか、「正しいor間違い」はないのでジャッジも不要になります。




また「価値観」は、その人の過去の経験からできているので、「過去の経験」を聞いていくことによって相手の価値観も見えてきます。



そうすることで、Aさん自身も、


「自分ってこういうふうに思ってたんだ」


と自発的に気づくことができます。