top of page

【SEMESTER3-7】なぜ、人は1人ではゴールを達成することが難しいのか?【メンタースキル③:コーチング】

更新日:2021年8月12日

▼動画で受講する

今回の課題を提出する







▼テキストで受講する



想像してみてください。


━━━━━━━━━━━



あなたのクライアントが心から達成したいゴールをクリアしました。

あなたと一緒に向き合い約3年。


クライアントがあなたにこう言います。


「これまで自分を信じてやってきて良かった」

「挫折しそうな時もありましたが、あなたが私のメンタルやモチベーションをケアし続けてくれたおかげです!本当にありがとうございます!」



━━━━━━━━━━━





イメージ、ありがとうございます。


今回のメンタースキルの3つ目!「コーチング」を学び、実践することで、先ほどのようにクライアントのゴール達成に貢献できるあなたになることができます。



人は、今の等身大の自分を認め、思考・言動・行動を「ゴール達成している自分」に切り替えていくことで、そのゴールを達成することができます。



「自分史のこの先をどう描いていくか」というフェーズ!



でも、自分1人ではなかなか自分をガラッと変えることはもちろん、ゴール達成に必要な思考・言動・行動と今の自分のズレに気づくことすら難しい。



それが実情です。



そこで登場するのが、メンター。

あなたの出番です!







「達成したいゴール」を設定しよう


まず最初に、クライアントの「達成したいゴール」について対話をしていきましょう。


ポイントは、「できるできない」という話は置いて、「やりたいこと」や「手にしたい未来」について対話することです。



前回までの「自分史カウンセリング」でクライアントの「やりたいこと」や「好きなこと」や「なりたい自分」や「手にしたい未来」が見えていると思うので、それを土台にして「達成したいゴール」を設定していきましょう!




コーチングは、クライアントに自発的に目標設定をしてもらったり、アクションをとってもらうことが大切です。


自己決定をしてもらうんです。





自分で決めてアクションするからこそ、行動できた時に達成感や自信を覚えて、自己肯定感も上がってきます。


そして、自己肯定感が上がると心理的な追い風が増します。


こうなると、

「自分ならできるかも」

「次はこういうことができるかも」

「どんな工夫ができそうか?」

というように前向きになれます。