【SEMESTER3-9】性格と人生を変える2つの習慣化テクニックって?

更新日:2021年8月26日

▼動画で受講する

今回の課題提出はこちらから



▼スタンプシートは、自分を知る学校メンバー・イラストレーターのベアさんの好意で印刷データをいただいてますので、ダウンロードして利用ください。


イエローver

ピンクver

ブルーver

グリーンver

無地ver









▼テキストで受講する

「人と向き合う仕事」をして、クライアントのゴール達成や自分らしく生きてもらえるように貢献したいあなたであれば、


三日坊主を卒業したい」

「継続できる自分になって自信を持ちたい!」


と思っているクライアントをサポートしたいのではないでしょうか?





ここで、イメージしてみてください。


あなたのクライアントが一大決心をしてチャレンジしたことで結果が出て、ものすごく喜んでいる表情を。


「あなたがいたから人生が変わりました!」

「これからも他人からの評価を気にしすぎず、自分らしく生きていきます!」

と言われることほど、嬉しいことはないのではないでしょうか。


メンターとして、クライアントに「自己決定マインド」や「自分軸の人生」を納品できたことの証でもあります。




かの有名な、マザーテレサはこんな名言を残しています。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。


これは簡単にいうと、、、


「日頃からの習慣が人生を変えるんですよ」

「習慣を意識しましょう」


ということであり、習慣化は性格や人生を変える重要なものなのです。





前回の記事では、「目標は、幅をもたせたあいまいな目標がいい」ということをお伝えしました。


クライアントのチャレンジへの心理的ハードルを下げる。

ストレスを下げて、先延ばしを予防するための内容でした!





それに引き続き、今回は、この「あいまいな目標」をクリアしていくための習慣づくりの内容をシェアしていきます。



では、ここから本題です!





習慣化に役立つ2つのテクニックが、こちらです!


①if then ルール

②スタンプシート




自己啓発本だと、「ガチガチの厳しい目標設定をして逆算しろ!気合いだ!根性だ!」という話が目立ちますが心理的ハードルやストレスを下げるためには、目標はあいまいな方が良い。


でも、実は、プロセスや行動は具体的な方が良いんです。

三日坊主にならないためには、、、三日坊主の習慣から抜け出すことが重要!


「"今日、明日、明後日"と習慣をとぎらせず、繋いでいくことが大切になります。


そのために役立つのが、1つ目のif then ルールです!





if thenルールとは、クライアントがすでに持っている習慣に、身につけたい新しい習慣をプラスしていくものです。


つまり、"自分はこの状況になったら〇〇しているから、そこにこれをプラスしよう"というふうに、決めておくことです。



例えば、ぼくの場合は、


朝起きたらまず白湯を飲みます。


 ↓


白湯を飲んだらお風呂に入る。




湯船に浸かったら、スマホのメモのアプリを開き音声入力で、オンラインサロン自分を知る学校に投稿する記事の下書きをアウトプットしています。


そして、お風呂を出て身支度が終わったら、先ほどアウトプットした記事の下書きをPCに送信して編集する、


お風呂に入ったら湯船に浸かる習慣がすでにあった。

そこにスマホのメモアプリで音声入力をすることをプラスした。


これで、新しい「音声入力」の習慣が身につくんです。


記事を作る上で、「下書き」をすることは、料理でいうと食材の調達や下ごしらえをするイメージですね。


これを行っておくことで編集がとてもラクになりました!





このif thenルールを使った習慣化のポイントは、1つずつ習慣をプラスしていくことです。


クライアントがすでに持っている習慣に、ゴール達成のための新しい習慣をプラスしていってもらいましょう。





習慣メニューは、調子が良い日・悪い日の2パターン用意しておく

if thenの「if」の部分は、普段やってる習慣のことですが、thenの部分は2つのプランを用意しておくといいです。


例えば筋トレの場合、

A:ハードモードの15分

B:イージーモードの5分だけ


というように気分が乗っている日はハードモード。

気分が優れない日は、Bのイージーモードをするんです。



こうすると、習慣は途切れないですよね?



このif thenルールを使って、

「この状況になったらこの行動をする」

というようにセットにしてやっていきましょう」



あと、モチベーションを保つ方法として、スタンプを使った方法があります。

これが、習慣化に役立つテクニックの2つ目の「スタンプシート」です!




モチベーションを保つには、実は結果を出すことよりも、前に進んでいる感覚、前進感を感じることが大事なんです。




コロンビア大学ビジネススクールが行ったこんな研究があります。


あるコーヒーショップで2つのパターンでお客さんにスタンプカードを渡しました。どちらも10個スタンプをためたらコーヒー1杯をプレゼントするというものです。


パターンA:スタンプゼロのカードを渡す(後10個)

パターンB:スタンプ2つ押して渡す(後10個)


どちらもあと10個スタンプを集めるのは同じだけど、最初に勢いがついたBのパターンの方がお客さんはスタンプを全部集めやすかったんです。


面白いですよね。



スタンプシートで視覚化することで、目標達成に向かって前進できていることがわかりやすくなりますよね。(ぼくは壁に貼っています)


こうすることで、自分にご褒美をあげるのが苦手な人でも、


12個集まったら、

「好きなご飯を食べにいく」

「スパに行く」

などのように、自分へのプレゼントを設計しやすくもなります。



このように視覚化して、前に進んでいる感覚を持って行けば継続がしやすくなるんです。




▼スタンプシートは、自分を知る学校メンバー・イラストレーターのベアさんの好意で印刷データをいただいてますので、ダウンロードして利用ください。


イエローver

ピンクver

ブルーver

グリーンver

無地ver






▼三日坊主にならない習慣化をするために大切なこと


①あいまいな目標で幅を持たせる

②いつもの習慣に新しい習慣をくっつける

③スタンプシートで前進感を感じながら実践する





今回は、クライアントの目標達成のための習慣づくりに役立つ2つのテクニックについて紹介しました。


クライアントが目標設定や習慣化を一人でイチから組み立てるのは難しいですよね。メンターであるあなたの存在が大きいのです。


前回と今回紹介したテクニックを使うか使わないかでクライアントにとってかなりストレスが変わるので、ぜひコーチングの際に実践してみてください。





以上で、メンター養成講座9コマの受講が修了しました!


ここまで本当にお疲れ様でした。