top of page

【SEMSESTER3-3】信頼関係を築ける自分になるための話を聞く力(傾聴力)の高め方

更新日:2021年7月15日

▼動画で受講する



▼今回の課題を提出する

学んだ後に文字にすることで学習定着率が5倍にアップします!ぜひ役立ててください





▼テキストで受講する


人と向き合う仕事をしていきたいあなたに、突然ですが質問です。



「人の話を聴くことは得意ですか?」

「話し相手に気持ちよく会話をしてもらえる自信はありますか?」



この質問に対して、

「あるある!」

「得意だよ!任せて!」

というふうに自信を持てていたら、会話を楽しむことができますよね。


相手の話、過去の体験などを引き出したり、価値観もわかる。

コミュニケーションがスムーズにいくことはもちろん、「頭の中やこれから進む道が整理できた!ありがとう!」というように感謝されたりもします。






「人と向き合う仕事をしていきたい」ということであれば、クライアントと仲良くなりたいですよね?


そうであれば、大前提としておさえておきたいのが、、、人は「相手にプライベートの話をしたり、感情表現をするほど仲良くなる」ということです。



これは「認知的不協和」といって、

「こんなにプライベートなことを話せるのは、この人と私は仲が良いからだ!」

「この人のことを信頼しているからだ!」

「この人は私にとって重要な人なんだ!」

というふうに、後づけで脳が整理するからなんです!





プライベートの話をしてもらったり、感情表現をしてもらうこと、信頼関係を築いていくために身につけておきたいのが「傾聴力」




この第3学期ではメンタースキルとして、大きく分けて

  • メンタリング

  • カウンセリング

  • コーチング

というスキルを一緒に学んでいきたい!



でも、、、クライアントとの信頼関係がないとこの3つどれもうまくいきません(苦笑)



つまり、

  • クライアントが抱えている問題の原因が整理できない

  • 達成したいゴール設定ができない

  • 人生をより良い方向に進んでもらえない

ということになってしまいます。



「人と向き合う仕事」をしているのに、そんな状況は不本意ですよね。





ということで、今回は「信頼を築くための傾聴力」についてお話ししていきます。



ぼくはこれまで公務員時代は、道路の苦情を